事務所名 株式会社一級建築士事務所 設計組織DNA 建築士名 角 直弘
カブシキガイシャイッキュウケンチクシジムショセッケイソシキディーエヌエー スミ ナオヒロ
DNA_sumi1
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
URL https://den-nen.com
e-mail info@den-nen.com

住宅に対する考え方

こども園や宿泊施設、マンション・アパートなど収益事業、リノベ等、
様々な用途の建築設計をしながらも、その中心は住宅設計にあります。
クライアントの皆さんに住まい、建築、モノづくり…
その先にある、クライアントらしい美しく、楽しく、豊かで快適な暮らしが
生まれることをつよく妄想しながら設計をしています。

我々は見た目だけにとらわれた設計はしません。
カッコいい空間は確かに気持ちを豊かにしてくれるでしょう。
ただし身体的に気持ちよくなれなければ、その気持ちもいずれは色あせたものになると思います。
われわれは住まい手のライフスタイルとその空間に応じた省エネ、設備設計を立案します。
イニシャルコストとランニングコストをしっかり比較し、
省エネルギーで地球環境に負荷の少ない設計を目指します。
クライアントにはそれらの長短所を説明し、空間、機能性とのよりよい最適化を探ります。
我々は、住まいは道具だと考えています。
正しく設計し、正しく使ってこそ精神と身体に
空間の豊かさを与えることができると考えています。

今まで手がけた住宅

nara_015
nara_012
nara_010
奈良の庭屋「ふたつの庭景にはさまれた風のある家」

2階建RC造の住宅です。どんなプランにするか誰とパートナーとして家づくり進めるか迷っていたクライアントと一緒に出向いた敷地。機能を考えるとこうなるといったゾーニングは決まっていましたが、敷地で出会ったとても気持ちのいい南北に通る風。この風を感じられる住まいにしたいと、その場にいたみんなが思いました。そこから一気にプランがまとまり、風、光、構造、素材、金物、家具、庭…とこだわりは細部にわたって展開され、この住まいが生まれました。

  • nara_015
  • nara_012
  • nara_010
sayama_6
sayama_02
sayama_3
狭山のガレージハウス「車のための庭がある家」

住宅地に建つ平家のガレージハウスです。 庭・車・家の場所を平行に並べた空間構成となっています。 それら3つの場所をいかに心理的にも物理的にも いかに近いものとするかを目標としています。 建具をフルオープンにして、車と人の距離を縮めること、 車の居場所についてもフローリング貼とし、 人の居場所との連続性を高めています。 庭との距離を縮めるために巨大なfixガラスを採用していますが、 木造でありながら、10.92Mのスパンを確保しています。

  • sayama_6
  • sayama_02
  • sayama_3
awanoie_1
阿波の家_012
阿波の家_013
阿波の家「ずれた断面に景色がある暮らし」

田園地帯に建つ木造2階建ての住宅です。不連続な切妻断面をシームレスな屋根・外壁材が覆い、その内側を内外が雁行し貫いた間仕切壁で構成しています。外側を閉じながらも、短手方向にずれた箇所に開口部を設け、連続する抜けを獲得しています。構造的には在来工法であり、棟梁を設けず、登り梁方式の垂木のみによって屋根を支持。一見すると合掌造ですが,構造的には大きく異なっています。合掌造は開き止め(タイ)を設けますが,この建物にはそれがありません。頂部は鋼板とボルトを用いた半剛接合とすることによって登り梁の開きを止め,構造として成立させています。

  • awanoie_1
  • 阿波の家_012
  • 阿波の家_013
osaka1
osaka2
osaka3
大阪の家「空と平野と暮らす家」

都市を望む山あいの住宅地に建つ3階建ての住まいです。遠景が開けている側は更地で将来最大3階建ての建物が建つ可能性があり、その場合当該敷地での1階からのビューは毀損されてしまいます。そこで2階に普段の用に諸する部屋を集中するとともに、将来にわたっての遠景を担保し、1階と3階は来客用の部屋にあてられています。外観は、瀟洒な住宅が建ち並ぶこの場所で、3層分の大きなボリュームを全面に出すことを避けて、必要な面積なりにカットしています。 1階は大きめの駐車場を設けたことからRC造とし、2~3階を木造としています。そのほとんどをGL鋼板でラッピングしたことで沈黙的で彫刻的表情をだした反面、都市に向かって飛翔しそうな浮遊感をあわせもった造形物としています。

  • osaka1
  • osaka2
  • osaka3
sayou-2_s12
sayou-2_s13
sayou-2_s8
佐用の別邸「景色と壁のコンポジション」

道路から見ると斜面に平行な大きな軒の出を持つ3つの片流れ屋根が並び、平面的には大きなボリュームが2つ、廊下を介してクランクしながらつながるような形状としています。斜面に沿うように4つの床レベルで構成する事で建物のボリュームも出来る限り低く抑えました。LDKの開口は水平垂直の枠と杉の羽目板による面、そしてなにより背景となる自然の緑とともに壁面景色を構成します。

  • sayou-2_s12
  • sayou-2_s13
  • sayou-2_s8
伏見の家1
伏見の家5
18
伏見の家「景観と敷地に調和する」

伏見桃山城・桓武天皇陵・明治天皇伏見桃山陵などの史跡と文教地区に囲まれた閑静な住宅地に位置し、景観条例によって京都の町並みを保全する地域内にあります。建物は鉄筋コンクリートと木造の混構造であり、土地の形状を生かしたスキップフロアとなっています。外観は周囲との調和をはかり、重心の低いファサードとなっていますが、内部空間は天井高の高い空間構成、庭を挟んだリビングとダイニングにより、落ち着きと開放感を両立させています。

  • 伏見の家1
  • 伏見の家5
  • 18
名前 角 直弘 会社名 株式会社一級建築士事務所 設計組織DNA
電話番号 075-354-5115 FAX 075-354-5157
メールアドレス 所在地 京都市下京区高倉通綾小路下ル竹屋町町393−5
URL https://den-nen.com 設立年 1996

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top