事務所名 YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所 建築士名 石上芳弘
YIA イシウエヨシヒロケンチクセッケイジムショ イシウエヨシヒロ
IMG_0508-3
建築士からのお知らせ情報
  • 2018/03/13

    住宅『pocco』が「インテリアコーディネーションコンテスト 優秀賞」を受賞しました。

  • 2018/03/12

    住宅『HE10』が「AICA施工例コンテスト 優秀」を受賞しました。

関連サイトURL・メールアドレス
Homepage http://ishiue.com
Mail yia@ishiue.com
Blog http://ishiue.jugem.jp
Facebook http://www.facebook.com/yiapage

住宅に対する考え方

幼稚園か小学生のとき、愛媛県松山市にあったUFOが着陸したような佇まいの「愛媛県民館(今は存在していません)」で何かイベントのようなものに参加していました。当時は幼かった私ですが、ドーム型の天井からつり下げられた照明とダイナミックな空間に、とても感動したことを今でも鮮明に覚えています。その感動が原風景となって、この職業を志すきっかけになったのではないかと思います。住宅であれ店舗であれ、建築をつくることは空間を生み出すことだと思います。日常の生活のシーンの中に、空間が生み出す光や陰、また立体的でダイナックな構成が、私たちに感動を与え、行われている行為を忘れられない思い出にしてくれるのではないかと思います。空間で営みを行う人たちに、とくに子供達に感動を与えるような建築をつくっていきたい…日常の生活の中に、美しいと思える瞬間や、感動を感じる住宅・建築…窓から見える景色、光と陰、心地よい風、会話の弾むシーン…クライアントが、世界で一番好きな場所が、この空間だと思える感動のある住宅・建築を作りたいと思います。

今まで手がけた住宅

pocco0
pocco1
pocco2
pocco

 用途の固定された空間に興味がある。廊下や階段など、明確な用途、使い道が決まっているスペースである。廊下は歩くため、階段は登るための空間である。個人の生活の多様化で寝室や個室は、どのように使われるか具体的な目的を好まず、むしろフレキシブルなだけに閉じられた空間を求められているように思う。また、廊下や階段は無駄なスペースであり、住宅内でのウェイトを小さくすることが何となく正当化されているようにも感じる。この空間を今一度見つめ直して、住宅内でのウェイトを上げていくことで、住宅ない別居のような個室をやんわりと結びつける楽しい住宅を作れるのではないかと思う。

  • pocco0
  • pocco1
  • pocco2
HE10_0
HE10_1
HE10_2
HE10

 この敷地の西面が都心を超え海まで見渡せる眺望があり、春には北側の桜の群生をみることができる。高台の敷地を購入するきっかけがこの眺望だった。リビングからこの眺望を楽しめるようにしたいと考えていた。この眺望をどのようにして効果的に生活の一部に取り込んでいくのかというのがテーマであった。この景色を取り入れるため2階にLDKを配置し、旗竿地で視界が抜ける玄関ホールは階段と交差しておりLDKの眺望に期待を感じさせる装置として縦に切り取った景色を垣間見る。L型に配置したバルコニーは、内部から外部に向って緩やかな関係を築いている。自然が作り出す揺らぎのあるインテリア(景色)が、移ろいある生活を感じさせる。

  • HE10_0
  • HE10_1
  • HE10_2
maWo0
maWo1
maWo2
maWo

 どこにいても家族みんながお互いの気配を感じることが出来るようなオープンな住宅が条件でした。そこで、各スペースがスムーズに繋がっていくスキップフロアで構成された住宅を提案しました。また、クライアントの希望だった大きな床下収納とプライバシーのある屋上バルコニーを無理無く計画することが可能でした。ズレながら重なる連続した6層のスペースが、家族の「間を」様々に変化させ偶発的なコミュニケーションを生み、新しい光景や景色との出会いを発生させることが出来たのではないかと思います。

  • maWo0
  • maWo1
  • maWo2
Lolo0
Lolo1
Lolo2
Lolo

 大きな中庭を囲むようにレイアウトされたジュウタクです。  中庭と緑が映える南側の庭に挟まれたリビングダイニングスペースは、とても開放的な自然を感じながら生活を営むことのできる空間です。中庭を回るように回廊が配置されていいるので、日常生活の移動の中で季節の移ろいを感じることができます。1階部分の屋根は、デッキを設けているので夏は花火を見ることができます。

  • Lolo0
  • Lolo1
  • Lolo2
nico0
nico1
nico2
nico

 この敷地は、古い住宅地の角地に位置します。出来る限り開放的な窓を開け放して生活出来るような住宅が要望でした。そのため、中庭を2つのイエ型のヴォリュームで挟み込み渡り廊下で囲む構成を提案しています。外部から、プライバシーを確保しながら中庭に向って大きな開口をとることが出来ます。また、北側にトップライトを配置することで優しい光が空間いっぱいに広がっています。家族が一つの空間で過ごしていることを感じれるようにシンブルとしてイエ型の屋根を採用し、個室以外をできる限り一体の空間としました。ただ、単調な繋がりを避けるためテクスチャに変化をつけています。プライバシーを保ちながら、外部の環境を取り込む住宅です。

  • nico0
  • nico1
  • nico2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
mutari02
mutari03
mutari(renovation)

 このプロジェクトは、六人「むたり」の家族が住む住宅です。 フルリノベーションを行う計画で中古の住宅を購入しました。六人が住むには、少し小さな住宅だったので、個室を作らず、大きなヴォリュームの中に各々が心地好い場を見つけられるような空間を作ることにしました。2階の西側は、高台になっており、とても視界が抜けていたのでリビングスペースを2階に計画しています。2階の天井は撤去し既存梁を表しとして天井高さを確保しています。新設したトップライトからの光が木漏れ日のように感じる明るい空間です。1階のこども室は、一部、天井は透明になっており、2階のトッップライトから光が降り注ぎます。

  • OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • mutari02
  • mutari03
名前 石上芳弘 会社名 YIA イシウエヨシヒロ建築設計事務所
電話番号 072-427-6976 FAX
メールアドレス 所在地 大阪府岸和田市阿間河滝町1572
URL http://ishiue.com 設立年 2005

1974 愛媛県生まれ
1993 愛媛県立松山北高等学校 卒業
1998 近畿大学理工学部建築学科 卒業
2000 近畿大学大学院工学研究科建築学専攻 修了
2000 設計事務所 勤務
2005 イシウエヨシヒロ建築設計事務所 設立

2006 日本理工情報専門学校 教育課程編成委員
2015 近畿大学建築学部 非常勤講師

1998 建築学生・設計大賞 優秀賞受賞
1998 日本建築学会学生設計競技 支部入選
2002 ART BENCHI-ING 入選
2010 リフォームデザインコンテスト 審査員特別賞
2010 TDY リモデルスマイル作品コンテスト 優秀賞
2011 住まいのリフォームコンクール 優秀賞
2012 インテリアコーディネションコンテスト 優秀賞

2013 インテリアコーディネションコンテスト 部門賞
2018 AICA施工例コンテスト2017 優秀賞
2018 インテリアコーディネションコンテスト 優秀賞

2010 建築人 8月号
2010 住まいと暮らしの年鑑2011
2011 TOTOリモデルレポート Vol.33
2011 Goodリフォーム2011 7月号
2011 iepro[イエプロ]
2012 建築相談ハンドブック
2012 関西の建築家とつくる家

2013 ARCHIVES Vol.17
2014 ARCHIVES Vol.4 KICHEN-2
2014 CONFORT April 2014
2014 住まいの設計 5-6月号
2014 モダンリビング 214号
2014 住まいの外観
2014 間取りの○と×

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top