事務所名 中澤建築設計事務所 建築士名 中澤 博史
ナカザワケンチクセッケイジムショ ナカザワ ヒロシ
C170px
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
ホームページ http://www.hn-a.com/
ブログ http://www.hn-a.net/
Eメール info@hn-a.com

住宅に対する考え方

建築は少なからず社会性を担っているものでもあると考えています。だから、特定の人のみが共感するものより、普遍的な共通の感覚があるものが望ましいと思っています。その共通の感覚が「場所と建物」あるいは「使い手と空間」との関係性を違和感なく自然な形で創ることにあると考えています。出来上がった後の生活や時間の経過を見据えて、無理がなく心地よい建築を目指しています。

今まで手がけた住宅

011
012
013
土塔町の家

敷地の二辺が公園に隣接する住宅です。庭を公園側の入り隅部分に設けることで、「公園からの視線の緩和」と「公園入り隅の見通しの確保」とを同時に行っています。公園と建物とがお互いに空間を広げあい、良好な関係を形成しています。リビングの天井は勾配を取り、ハイサイドライト(高窓)を設けました。冬季における日中の陽光を確保し、夏季の熱気をその開閉により逃がしています。

  • 011
  • 012
  • 013
021
022
023
中登美ヶ丘の家

閑静な丘陵地に建つ住宅です。以前に建っていた住宅の塀や車庫、クスノキの大木とが残されていました。地盤が道路より約2m高く、見晴らしが良い。この遠景とクスノキの両方を望める位置に各部屋を配置しました。屋外を活用したいという要望があり、屋内との関係性が大事だと感じました。半屋外のテラスと開閉可能なルーバーが、屋内外を滑らかにつなぎ、空間に多様性をあたえ、他者の視線を和らげています。道路際に残されていた閉鎖的な塀の一部を撤去し、緩やかに地域とつながることを思い描きました。

  • 021
  • 022
  • 023
031
032
033
東多田の家

概ね三角形の形状をした不整形地に建つ住宅です。裏の水路に向かって地盤は傾斜しており、平坦な部分は限られていました。この傾斜した部分に矩形の建物を配置すると三角形の三つの隅に空地が残ります。そこに駐車場やアプローチ、バルコニー等の必要な機能を配置し、同時にそこから自然を室内に取り込む計画としした。特に開放性を求められたリビングは2階に配され、光や風を感じ、視線の通る、おおらかな空間となっています。

  • 031
  • 032
  • 033
041
042
043
羽衣の家

この住宅は新規分譲されたばかりの敷地に建っています。はじめて敷地を見に行った時は、まだ一軒の家も着工しておらず、周りの環境がどうなるのか分からない状態でした。そのため、建物をコの字型の配置とし中庭を設け、ガレージを介して道路と繋げることにより、環境に対して可変性を持たせることにしました。ガレージの引き戸を閉じると安定した中庭のある住宅に、また開け放つと道路からも中庭の緑が見え、控えめながらも街に参加している住宅に変化します。

  • 041
  • 042
  • 043
051
052
053
国分の家

緑豊かな山間の住宅です。建物は、山並みに合わせて2階部分を後退させ、屋根を片流れとすることで自然の中に溶け込むように配慮しました。また、外壁はスギ板を黒色に塗装し周囲の緑に調和させています。リビングには、さまざまな大きさや位置の室内建具を設けています。例えば、ダイニングとは大引戸で、2階の主寝室とは吹抜けを介しての全面の折れ戸で仕切られています。これら建具の開閉が、家族の声や気配などを状況に応じて変化させ、生活に多様性を与えています。

  • 051
  • 052
  • 053
061
062
063
CSP本社屋(ミルフェルム)

変形地に建つアパレルメーカーの社屋です。敷地形状に馴染むように建物の一部を三角形にして配置しています。三角部分はショールームとして利用し、ハイサイドライトから採光を確保することにより陳列棚を少しでも多く取る工夫をしています。ここでは幼い子供と一緒に働くことの出来る環境作りが行われており、託児室が設けられています。中庭は、その子供達の遊び場や社員の憩いの場として、またインターネットショップで販売する商品の撮影場所として利用されています。

  • 061
  • 062
  • 063
名前 中澤 博史 会社名 中澤建築設計事務所
電話番号 06-6975-2984 FAX 06-6975-1002
メールアドレス 所在地 大阪市東成区東小橋1-18-1 松下ビル2F
URL http://www.hn-a.com/ 設立年 1998年

1969年 大阪府生まれ
1992年 近畿大学理工学部建築学科 卒業
1992年 株式会社大建設計 入社
1998年 中澤建築設計事務所 設立

2011年 住まいと暮らしの年鑑2011 掲載
2011年 建築人2011年2月号 掲載
2013年 社会派建築宣言 共同執筆
2013年 奈良リフォームBook2013 掲載

一級建築士
APECアーキテクト
福祉住環境コーディネーター2級
被災建築物応急危険度判定士
耐震診断・改修講習会受講修了

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top