事務所名 T-Square Design Associates 建築士名 津田 茂
ティースクエアデザインアソシエイツ ツダ シゲル
顔写真
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
URL http://www.t2designassociates.com/
E-MAIL info@t2designassociates.com

住宅に対する考え方

直感的な空気感が漂う豊かな住空間であるかどうか、年月の経過と共に美しく古びる空間であるかを意識しながら設計しています。

今まで手がけた住宅

sekitei01
sekitei02
sekitei03
sekitei

敷地は京都府内の新興住宅地の一画。画一的に区画された敷地に偽物の材料で構成された画一的で直線的な形態群。そんな周辺環境と対比させるべく、直線的な環境に対しての有機的な曲線の外壁をつくり、分散された有効な採光庭を設けた。偽物の材料で造られた周辺環境に対して本物の素材を意識した。地面から浮いた外周壁は、分散配置された庭を通じて室内全体に自然風を取り入れる役割を果たす。新たな遮蔽効果を狙った屋根も重要な要素となっている。一見特殊なこの住宅は、非現実的な環境との対比+自然環境との共存を図った住宅である。

  • sekitei01
  • sekitei02
  • sekitei03
gravillusion01
gravillusion03
gravillusion02
gravillusion

クライアントは大手航空会社の国際線パイロットである。道路より1m高い地盤面、北側に広がる公園という、絶対的な敷地条件により、家族が一番時間を過ごすであろう居間の位置や高さが自動的に決まった。公園の木々が最も美しく見え、かつ、その向こうの住宅群とは目線がずれた微妙な高さ。そして居間を中心に縦横へと空間をつなげている。更に、日常空間である居間が、木造という枠組みの中で可能な限り浮いているという、飛行機とどこかリンクするかのような緊張感。それと対比する公園という安心感。2つの対比する要素が道路を挟んで向かい合う。

  • gravillusion01
  • gravillusion03
  • gravillusion02
fe02
fe03
fe01
fe

兵庫県尼崎市内に建つこの住宅は、南側に10m、西側に4mの道路がある南西角地にある。依頼主は家族で鉄工所を経営しており、仕事の合間に趣味として鉄の家具を色々と製作されている。家づくりにおいても、自身が鉄職人として製作にかかわりたいという思いが強く、検討した結果、コールテン鋼であれば外部に使用でき、入手及び加工が自社で可能という事で、使用材料が決定した。建物南側には前面に開口部を設け、その前面に製作したコールテン鋼のルーバーを木壁の間に挿入している。時間をかけて錆びる様子を楽しむことが出来る住宅である。

  • fe02
  • fe03
  • fe01
base01
base02
base03
base

芦屋市内にある築37年のマンションの全面リフォームである。ここでは、素材を最小限にまとめ、無駄な線を廃し、ミニマムで静寂な空間となるよう心掛けた。そのため、デザイン、ディテール、素材感には細心の注意を払い、それぞれが高めあう関係性となるよう努めている。主だった素材は石、鉄、木とし、存在感が大きい床にはライムストーンを貼り、空間に緊張感を与え、壁や天井はその床の素材感を強調するために白で仕上げている。この、冷やかな白とグレーの空間に、ささやかな温もりを与えているのがLDKの一面のみに使用しているオーク材だが、これは、あくまで人が住まう空間であることから、どこか人間らしさも表現しようとしたためである。

  • base01
  • base02
  • base03
naturalcanvas01
naturalcanvas02
naturalcanvas03
natural canvas

誰もが憧れる阪神間の山間に建つ住宅であるが、敷地を選ぶときの一つの基準として、この辺りではたいてい大阪、神戸方面の眺望を選ぶのだが、クライアントは裏手の管理された森を選択された。そして全ての設計がそこから始まっている。裏手の緑をインテリアにどのように取り込むかが最大のテーマであったため、居室を全て緑に沿って配置し、開口も緑面を基本に配置し、逆にファサード面となる東は、基本的に外部に対して閉じた計画としている。

  • naturalcanvas01
  • naturalcanvas02
  • naturalcanvas03
parecido01
parecido02
parecido03
parecido

東大阪市内の小さな町工場と建売住宅が多く密集する一角に計画地がある。周辺には。東大阪らしい街の雰囲気やスケール感が存在している。この独特のスケール感は、建物の大きさ・密度・人・車等、さまざまな要素が絡み合って醸し出しているもので、今回の住宅も、街のスケールに近づけて計画するべきだと考えた。そこで、建物は分棟型とし、2棟の建物を南北に配置、更にヴォリュームを抑え、周囲の建物に溶け込むように意識している。南北の建物は互いに共鳴し合うかのように3次元相似形とすることで街のスケール感に出来るだけ近づけている。

  • parecido01
  • parecido02
  • parecido03
名前 津田 茂 会社名 T-Square Design Associates
電話番号 06.6937.8055 FAX 06.6937.8056
メールアドレス 所在地 大阪市中央区北浜東1-29 北浜ビル2号館10F
URL http://www.t2designassociates.com/ 設立年 2002年

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top