事務所名 Studio REI 一級建築士事務所 建築士名 嶽下 康弘
スタジオレイ イッキュウケンチクシジムショ タケシタ ヤスヒロ
顔写真
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
URL http://studiorei.net
Blog https://ameblo.jp/studiorei-blog/

住宅に対する考え方

Studio REI では、
医院や事務所、店舗等、様々な建物を設計・デザインしていますが…

中でも得意としている“住宅”では、
「暮らしやすさを追求したシンプルな家づくり」
を目指しています。

デザインスタイルに対してエゴイスティックな押し付けはしません。
住宅に関して言えば、お客様の住まいであり、
設計料を頂いてデザインする以上、“設計者の作品”ではなく“お客様の財産”だと考えているため、
お客様の希望に沿ったデザインスタイルを大事にしています。
ですから、Studio REIでは完成した住宅を“作品”とは呼びません。
あくまで“仕事実績”のひとつなのです。

一方で、暮らしやすさにはトコトンこだわっています。
暮らし方は十人十色。生活動線や習慣、使い方など… 全く同じという事はありません。
お客様とのコミュニケーションから暮らしを充分に読み取り、理解した上で、
シンプルで使いやすい、暮らしスタイルにピッタリな住宅を提案をします。

家づくりは人生の中で大きなイベントです…
お会い出来たご縁を大切に…
お客様と一緒に家づくりのプロセスをひとつひとつ楽しみたいと考えています。

今まで手がけた住宅

rei_H-h_S-2
H-h-9
H-h-24
渡廊下のある家

近年、人口増加に伴い少しずつながら市街化が進んできた郊外の町。当該建築地はそんな中でも周辺には、まだ長閑な田畑も残り、比較的交通量の多い県道から程良く入り込んだ敷地の為、静かな環境である。分譲地の為、隣接は住宅に囲まれているが、中でもガルバリウム鋼板の外壁がスタイリッシュに個性を放っている。ファサードは視線に配慮した小さめの開口部をリズミカルに配置。台形ボリュームを2つ並べた様に、外壁は同じ素材で張り方を変えて立体感を出した。ポーチには自転車置き場を兼ねて大きな庇をかけて、アクセントで板壁にした目隠し壁は温かみを与えてくれる。空間構成はリビングを中心に中庭を囲むStudio REIのスタイル。2階の子供室とベッドルームを繋ぐフリースペースは両側が吹抜けており、リビング上部にかかる渡り廊下の様な存在で上下階間のコミュニケーションを繋ぐ役割を持つ。その他、生活動線と収納にもとことん拘った間取りでStudioREIのモデルプランと言っても過言ではない程、暮らしのコンセプトが沢山詰まった家となった。

  • rei_H-h_S-2
  • H-h-9
  • H-h-24
1
6
8
ツドイノイエ

周囲には田園地帯が広がる長閑な集落での新築住宅。当初は旧建物の耐震化を兼ねたリフォームも検討していたが、費用対効果と物理的な間取りの窮屈さから建替え工事へと計画が進んだ。オーナーの希望は人が集まれる広いリビングがある3世帯住宅。充分すぎる程の広い敷地を活かし、日当たりは勿論の事、仕事で忙しい日々に追われるオーナーが休日にリラックスした時間を感じられる様に庭との繋がりも意識して間取りを構成した。周りの床より1段低くしたサンクンリビングは心理的な落着きを与え、大きなテラス窓からはデッキと緑の芝が広がり、内と外の空間をあいまいに繋いでくれる。更に天井は大きな吹抜けで、抜群の開放感となった。このリビングを中心に、家族団欒の他、沢山の人が集う家となる事だろう。 その他、応接の用途も兼ねる仕事用の事務室も併設している為、プライベートな空間が見えにくくなるよう動線にも配慮している。

  • 1
  • 6
  • 8
190826-L-1
190826-S-18
190826-S-20
T&S house

through & storage(抜けと収納) をテーマとした住宅。

  • 190826-L-1
  • 190826-S-18
  • 190826-S-20
rei-GShose-S-1
rei-GShose-S-22
rei-GShose-S-36-2
G&S House

ガレージとスキップフロアの家。

  • rei-GShose-S-1
  • rei-GShose-S-22
  • rei-GShose-S-36-2
1
3
7
海を望む傾斜地の家

青い海原を眼下に望む高台の邸宅。景勝地の風雅な眺めを住まいに取り込み、日常離れしたリゾートテイストとくつろぎ感を日々存分に満喫したい。そんな建て主の要望にお応えしたのが今回のプランでした。 まずポイントとなるのは高台の傾斜地を最大に活かした構造躯体とレイアウト。2階をみんなでくつろぐパブリックスペースと位置づけ、玄関とLDKを配置。一方、3階と1階にはプライベートスペースとしての個室や和室を配置し、家族が一緒に過ごす時間はもちろん、個々の時間も気兼ねなく過ごせるように配慮しました。2階のリビング続きにはRC造の強靭な構造を活かして幅4mものフロアデッキを張り出し、さらに2階3階の北西の壁面を開口にすることで、デッキにいる時はもちろん、リビングにいながらも雄大な海原の風景に溶け込むような開放感と安らぎを満喫できるようにしています。また、せっかくの景観を損ねないようにデッキの手すりには細いワイヤーを採用。さらに温泉を引いた浴室は2壁面全開口の岩風呂にし露天風呂のように楽しめる趣向にするなど、ぜいたくな時間と空間を普段着感覚で堪能できる工夫を満載しました。

  • 1
  • 3
  • 7
名前 嶽下 康弘 会社名 Studio REI 一級建築士事務所
電話番号 0723507950 FAX 0723507950
メールアドレス 所在地 大阪府堺市南区宮山台4丁14番2-1号
URL http://studiorei.net 設立年 2010

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top