事務所名 祐建築設計事務所 建築士名 岡崎 祐介
ユウケンチクセッケイジムショ オカザキ ユウスケ
leaflet顔写真
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
URL http://yuu-ao.com/
ブログ http://yuu-ao.com/blog/

住宅に対する考え方

業界では数少ない現場監督経験のある建築家として、設計・施工管理の両面から安心できる住まいづくりの
サポートをしています。施工事例だけではわからない全体のコストコントロールや住まい手の希望を+αで
実現することを得意とし、「使い勝手」「住みやすさ」「心地良さ」と計画地の住環境を考慮したデザイン性の
ある住まいをご提案いたします。

今まで手がけた住宅

ouji_17
ouji_18
ouji_09
王寺町の家―diagonal house2―

新しく造成された住宅地に建つLDK+畳コーナーが一体となった住宅。 リビングとの段差、外空間とフラットで繋がるウッドテラスによって、 視覚効果でより広がりを感じられるようになっています。 敷地と平行ではなく、あえて角度をつけた建物配置は2台の駐車スペースや ウッドデッキ、家庭菜園、サービステラスのスペースを確保しつつ、 プライバシーを守る面でも効果を発揮しています。 十分なスペースと1階部分でコンパクトにまとめられた家事動線はこれから 住まい計画をされる方にとっても参考にしていただけると思います。

  • ouji_17
  • ouji_18
  • ouji_09
takara_16
takara_04
takara_119
宝塚の家-private cafe-

敷地に対して角度をつけた配置にした計画はプライバシーが守られる住空間でありながら、 ウッドデッキ・坪庭・吹抜・スキップフロア・大開口サッシ等と視覚的効果を取り入れて 開放感ある間取りとなってます。外壁はガルバリウムの角波鋼板、家具は足場板を使い、 キッチンはオリジナルでステンレス天板のものを製作、浴槽は床に完全埋込みしてあり 温泉気分に浸れます。素材にもこだわった自分だけのカフェのような心地良い住まいも DIYや施主支給品を取り入れて、費用面もしっかりと節約した計画です。

  • takara_16
  • takara_04
  • takara_119
bh_07
bh_09
bh_10
生駒の家3-bump house-

大きな屋根のかわいいおうち。2階建てのスキップフロアは暮らしがワクワク 楽しくなる空間。高床のリビングは小高い丘から景色を眺めるような感覚です。 延床面積は約30坪ですが広々したLDK+和室、たっぷりの収納、2部屋にできる フリールームと盛りだくさん。DIY作業でコストを抑えながら、ステンドグラス等の 小物を採り入れて、ご希望の雰囲気を持つ住まいとなりました。

  • bh_07
  • bh_09
  • bh_10
seki_09
seki_18
seki_17
夕雲町の家-little forest-

住宅地の中に新しく造成された3つの敷地の真ん中。敷地に対して角度をつけた 建物配置により、土地の有効活用、空間の広がり、プライバシーの保護など たくさんの効果が生まれております。外壁はインディゴブルーとホワイトの ガルバリウム鋼板(角波)+杉板張りのブラウンをバランス良くコーディネートしました。 内部は段差を利用した楽しさと視覚効果や外部の空間との繋がりによる開放感のある 心地良い住まいとなっています。延床面積が約27.3坪とコンパクトですが、3LDKに ウッドテラス、畳コーナー、パントリー、シューズクローゼット、2階のインナーテラス、 階段上を利用した収納、ウォークインクローゼット、小さな収納etc...と 収納たっぷりなのに広い!そんな工夫がたくさん詰まっているお家です。

  • seki_09
  • seki_18
  • seki_17
taishi_19
taishi_08
taishi_21
太子町の家-terrace side house-

市街化調整地内の広い敷地に広い軒下空間とテラスを持つ住まいです。 黒いガルバリウム鋼板と茶色の縦板張りの外壁で落ち着きのある 外観となりました。内部はLDKからは庭をワイドに眺めることができ、 書斎とは程良い距離感で外部空間と繋がりのある計画としています。 家事動線をまとめて、収納も必要な箇所にたっぷりと設けて、 とても暮らしやすい住まいができました。

  • taishi_19
  • taishi_08
  • taishi_21
takar2_16
takar2_04
takar2_19
宝塚の家2-observatory house-

小高い山の上に古くからある住宅地での計画。 敷地からの見える抜群眺望を更に良くするため、LDKは半階分上げた スキップフロアとし、その床下には容量たっぷりの収納で立体的に 無駄のない空間利用をしています。低炭素住宅の認定を取得した高気密 高断熱住宅の仕様は認定基準を大きく上回る性能を有することも検査で 実証されました。外観は2階半分ある高さによって重心が高くならない ように軒高を低く抑えつつ、屋根勾配を7寸とすることで空間の広がりと 外からの印象とのバランスをしっかり検討をしました。

  • takar2_16
  • takar2_04
  • takar2_19
名前 岡崎 祐介 会社名 祐建築設計事務所
電話番号 072-267-4961 FAX 072-267-4961
メールアドレス 所在地 堺市堺区市之町西2-1-9-1207
URL http://yuu-ao.com/ 設立年 2008

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top