事務所名 Grand Ciel Design Office 建築士名 真田一穂
グランシエルデザインオフィス サナダカズホ
kazuhosanada
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
E-mail sanada-architecte@nifty.com

住宅に対する考え方

私たちグランシエルでは、「関係性」「つながり」に焦点をあて設計活動をおこなっています。人と人のつながり、人と空間の関係性、空間と建築のつながり、建築と都市、都市と自然との関係性に至るまで。地球上に存在するあらゆるものの間にある「関係性」「つながり」は、私たちに様々な問題定義を投げかけてくれます。その問題定義を探求しつづけていくと、本来あるべき道筋が見えてきます。住宅設計における本来あるべき道筋。関係性、つながり。それは、ある場所に「住む」という行為のために、その土地の紀行風土、環境との関係性、つながりを熟考し、その場所の力を最大限活かし、そこに住まう人、家族の成長に寄り添うことができる時間軸をカタチにした空間の創出だと考えています。

今まで手がけた住宅

N-House_001
N-House_2
N-House_002
松井山手の家     京都府京田辺市

クライアントの要望から、できりかぎり大きなリビング・ダイニングとすることが求められた。敷地の特性上、北側に向かって広がる台形の敷地形状から、必然的にリビング・ダイニングスペースの配置が北側方向となる。しかしながら、南側からの太陽の光との距離が遠くなることが、この住宅の最大の課題となった。解決策として、リビング・ダイニングに吹き抜けを介したロフトスペースを設け、南側屋上テラスへと続く断面計画とし日中の陽の光が北側空間まで届く計画とした。また、この断面計画により風通しの良い空間となり、夏場の空調エネルギー削減につながっている。

  • N-House_001
  • N-House_2
  • N-House_002
noko_01
noko_02
noko_003
枚方の美容室(美容室+住居スペース)     大阪府枚方市

大阪府枚方市にある一戸建ての美容室です。敷地面積約45㎡。建築面積約30㎡。敷地形状は特殊な変形敷地。お客様からの要望のポイントは、美容室としての機能的空間と室内温熱環境の快適性でした。1階は、カットスペース4席、シャンプースペース2席、待合スペース、トイレ等、明るく清潔な空間が求められました。2階はエステスペースとして利用し、3階は小さな住居スペースとなっています。1階の美容スペースの機能性については、お客様の動線と仕事を行うスタッフの動線をシンプルに計画し、30㎡のスペースを隅々まで活かした計画となっています。1階から3階に繋がる吹き抜け空間には螺旋階段を設置し、空間のデザインアクセントとしています。室内環境の快適性については、採光計画と室内温熱環境の調和に配慮し熱線反射ガラスブロックを採用しています。外観のレンガ調タイルはオーナー様一番のお気に入りです。

  • noko_01
  • noko_02
  • noko_003
ishiyama_001
ishiyama_002
ishiyama_003
石山のカフェ(カフェ+住居スペース)     滋賀県大津市

大津市JR石山駅から徒歩3分程に建つ1戸建て店舗併用住居(ワンルーム)。1階は、カフェスペース、2階は、借しスペースとして主に音楽関係、ライブスペースとして活用されています。クライアントのご主人さんは様々な趣味を持ち、その中のひとつが、コーヒーを豆から炒るほどのコーヒー好き。いつかは、自らが経営するカフェをと数年前から計画をたて、定年退職のタイミングを機に実行されました。若い方々との交流も盛んなご主人は、京都のライブハウスへ足重よく通うなど、音楽も大変お好きで、2階の借しスペースは、そんな若者の集まりの場となるようなスペースにしたいという願いが込められています。3階は、娘さんが住まいとして使用されています。狭小地、超変形敷地という条件を、そのまま建築のかカタチに反映しながらも、内部の機能はシンプルな構成となっています。

  • ishiyama_001
  • ishiyama_002
  • ishiyama_003
I-House_001
SONY DSC
I-House_003
稲毛の家     千葉市稲毛区

北側道路、北側斜線がこの住宅の設計の根底に深く関わりながら設計がスタートしました。1階玄関は道路面から直接面した位置にくるため、内部空間が丸見えになることを回避するためにポーチスペースで一度折り返した位置に玄関ドアを設けています。玄関スペースは、階段スペースと連動しており、西側外壁面ガラスブロックからの自然光が、明るく清潔な空間を演出するようにしています。2階リビング・ダイニングは吹抜けを設け、3階の空間と連動し、上下階の繋がり(子供スペースとの繋がり)に配慮しています。3階子供スペースは、建具によって変幻自在に空間を間仕切ることができるようになっています。上部のロフト(すのこ床)も可動式となっており、上下合わせて様々なバリエーションの空間を構成することができるよう工夫しています。

  • I-House_001
  • SONY DSC
  • I-House_003
O-House_001
O-House_002
O-House_003
武庫之荘の家(マンションリフォーム)  兵庫県尼崎市武庫之荘 

阪急庫之荘駅から徒歩3分ほどの駅前に建つ築15年ほどの分譲マンション13階部のリフォーム。クライアントは、60代のご夫婦。既存マンションの間取りは、夫婦2人での生活スタイルには、とてもあわないものになっていました。ご夫婦のご要望は、いたってシンプルなものでした。「食事をする」「くつろぐ」「寝る」の基本的な部分を豊かなものにしたいというものでした。また水回り部も同様で、既存の洗面室、浴室、トイレの狭さが、ストレスになっていることも、今回のリフォームで改善したいポイントとなりました。御主人さんの最大の要望は、本格的な床の間のある和室空間。基本的に和室でくつろぎ、寝ることができればよし、というものでした。リビング・ダイニングの床材は長尺無垢のカラ松材のオイル拭きとし、キッチン、収納の面材を統一し、インテリアの印象の統一感をはかりました。

  • O-House_001
  • O-House_002
  • O-House_003
Hadano_001
Hadano_002
Hadano_003
秦野の家(動物病院+住居)     神奈川県秦野市渋沢

小田急線渋沢駅近くに建つ動物病院併用住宅です。駅前再開発の区画整理に伴い計画はスタートしました。住居併用というプランの特性から、動物病院へ訪れるお客様の動線と、住居部の動線が重ならないことが求められました。動物病院部へは、南側駐車場から直接アクセスし、待合室、処置室・診察室へと続きます。1階診察室・処置室を中心に、トリミング室、手術室、入院室へと繋がるシンプルなプランとしています。1階北側奥から、2階、3階への住居スペースへアクセスできるようになっています。2階住居スペースは、院長先生の住居スペースとなっています。室内で、数頭の犬を飼っていらっしゃるため、フローリング、畳といった床材ではもたないということから、掃除もしやすい、磁器質タイル、また和室にいたっては杉板貼りとしています。3階からは富士山を望むことができます。

  • Hadano_001
  • Hadano_002
  • Hadano_003
名前 真田一穂 会社名 Grand Ciel Design Office
電話番号 06-6358-1326 FAX 06-6358-1327
メールアドレス 所在地 大阪市北区天神橋1-12-3昇栄ビル2F
URL http://homepage2.nifty.com/azzurri/ 設立年 2002年

1994年 東海大学大学院修士課程修了
1994年~1998年 建築設計事務所勤務
1999年 渡仏
2000年 Gilles Perraudin Architecte
2001年 Forma 6 architecture urbanisme & paysage
2002年 真田一穂建築設計事務所設立
2009年 Grand Ciel Design Office (株式会社グランシエルに法人化)

一級建築士
福祉住環境コーディネーター
日本建築士会連合会設計専攻建築士
JIA日本建築家協会登録建築家
JIA近畿支部青年委員会副委員長
JIA近畿支部広報委員会副委員長

社団法人大阪府建築士会
社団法人日本建築家協会
盛和塾(南京都)

1995年 毎日・DAS学生デザイン賞建築部門 入選
2009年 「阪南の戸建分譲住宅地PJ」設計提案 優秀賞

関西の建築家とつくる家 2012年11月(建築ジャーナル)
現代日本の建築 Vol 3  2009年6月(株式会社ART BOX)

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top