事務所名 アースカラー設計 一級建築士事務所 建築士名 土肥 晶子
アースカラーセッケイ イッキュウケンチクシジムショ ドヒ アキコ
土肥(HP)
建築士からのお知らせ情報
関連サイトURL・メールアドレス
URL http://earthcolor-p.com/
BLOG http://earthcolor-p.com/index.php?QBlog

住宅に対する考え方

「主婦一級建築士」ならではの生活者目線で「身の丈にあった小さな暮らし」とより「豊かな人生」のための住環境設計。家とは「生活の箱」。ステキに作っても、予算をオーバーし、住みにくければ、その家づくりは失敗です。「人生の中で家づくりに使ってよい予算」を確定後、「構造とメンテナンス性」を一番に考えます。同時に「使いやすさ・住みやすさ」を考えます。その上で「お好みのデザイン」をプラスします。

「レトロ・アンティーク(古建具)」「ナチュラル(天然素材)」「狭小住宅」「二世帯住宅」が得意です。また、主婦ならではの「時短家事動線」「収納計画」や、気にされる方が多い「家相」もご要望される前から設計の中に織り込んでいます。設計はもちろん、家づくりの予算決め・相続など、家づくりに関わる全ての疑問をワンストップでご説明ができる仕組みがあります。


今まで手がけた住宅

170114_007
170114_003
170114_001
アートが似合う家(レトロリフォーム)

木造2階建、1階が親世帯・2階が子世帯の二世帯住宅のためのリフォーム。ご要望は「アートの似合うお家」「今の建物の構造梁をかっこよく見せたい」「シンプルに暮らしたい」の3つ。最初は、近所のリフォーム会社にプラン見積依頼をしたが、デザイン的希望は全然伝わらず、構造的説明もないまま柱を抜かれたプランになっていたため不安になり、当事務所にたどり着く。アンティークドアを使い、古民家風ではないレトロアンティークのデザインにまとめました。

  • 170114_007
  • 170114_003
  • 170114_001
_I4A3748
_I4A3699
_I4A3625
蔵戸のある家(レトロリフォーム)

木造2階建全面リフォーム。不動産を購入後の引っ越しリフォーム。ご要望は3つ「蔵戸を玄関にしたい」「しっくいの壁にしたい」「このお家のレトロさを活かしたい」。最初は不動産屋付のリフォーム屋にプラン見積を依頼したが、「古いドアなんか使えません」とフツーの建材を提案され困り果て、当事務所にたどり着く。昭和レトロが大好きな夫婦のお家。お手持ちの古道具に合わせ、昭和の古建具をチョイス。昔なつかしい雰囲気の中に古いドアの組子の華やかさが映える。

  • _I4A3748
  • _I4A3699
  • _I4A3625
DK
吹き抜け上から
玄関外観
ブルックリンハウス(アンティーク新築)

木造3階建新築。ご要望は「Ace Hotel New York みたいな雰囲気で」。建材・金物をひとつひとつこだわり、お手持ちの家具に合わせ、ブリックリン風にまとめました。キッチンはIKEA商品をさらに加工し、ご希望の雰囲気・使い勝手に。最初、男性の建築家に依頼したところ、デザインのニュアンスが伝わらず断念。当事務所にたどり着く。

  • DK
  • 吹き抜け上から
  • 玄関外観
0001
0013
0035
高台の家(ナチュラルリフォーム)

木造平屋全面リフォーム(ちょっと増築)。建て替えか、リフォームかで悩んだ末の全面改装。ご要望は「寒くない暑くない家」「オーストリアのオーダーキッチンを入れたい」「素材感がある雰囲気で」。設計事務所ならではの「合法増築」を行い、断熱を含め全てのスペックを現在の省エネ基準に合わせました。予算が限られているため、古建具屋さんで簀戸を調達加工。床・壁・天井・扉、全て素材感あふれるナチュラルな雰囲気に仕上げました。

  • 0001
  • 0013
  • 0035
0033
0001
0020
レトロモダンの家(レトロ新築)

木造平屋新築。土地探しから一緒に行いました。ご要望は3つ「目立たない家」「おばあちゃんち、みたいな雰囲気で」「予算死守!」。変形とはいえ、将来的にもとても環境の良い土地を見つけ、日当たり・風通し等、余すことなく家に取り込める、闇に溶け込む平屋。寝室のしっくいをお施主様と一緒に塗るなど、楽しく家づくりに取り組みました。近所の方からは老夫婦が住んでいると思われている、新築なのにレトロな家です。

  • 0033
  • 0001
  • 0020
_DSC0032
_DSC0015
_DSC0008
土間のある3階(レトロリフォーム)

重量鉄骨3階建3階層リフォーム。2階が親世帯、3階が子世帯の二世帯住宅リフォーム。ご要望は2つ「おばあちゃんの形見の水屋にあわせた空間」「プラスチックは極力使わない」。3階層とは思えない便利な土間を設置。不思議な空間となる。古いドアを京都で調達。昭和時代のレトロな雰囲気を古臭くないデザインでまとめました。荷物が多いご夫婦のために、収納は床面積の20%とたっぷり。

  • _DSC0032
  • _DSC0015
  • _DSC0008
名前 土肥 晶子 会社名 アースカラー設計 一級建築士事務所
電話番号 06-6151-9885 FAX 06-6151-9886
メールアドレス 所在地 大阪府豊中市北桜塚2-14-9 プラヤ・デル・オエステ北桜塚301
URL http://earthcolor-p.com/ 設立年 2007年10月

一覧に戻る

    • お問合せ
    • 社団法人 大阪府建築士会

page top